DiALで働く個性豊かなメンバーをご紹介

「反応が上がる」=会社の仲間も、お客様も、企業も全員が喜んでくれる

DAISUKE KATSUDA

Webディレクター兼SEOエキスパート勝田 大介

Webディレクターの仕事とは?

商品(サービス)をより世の中に広めていくために企画提案を行い、実行するにあたって、どんなホームページを作ればお客様が買いやすいのか?見つけてくれるのか?それらをプランニングしながら、文章を書いて準備したり、画像をデザイナーと話し合って作って形にするお仕事になります。インターネットは何人がホームページに訪れ、そのうち何人が注文してくださったのか数字がわかります。だから反応が上がることは、お客様にもっと届いたことを意味するので、会社のメンバーも喜んでくれて、商品を作った企業も感謝してくれるのでやりがいがあります。

Q. 普段どのような仕事をしていますか?

普段は販売戦略や作業フローの組み立てと管理、クライアント様との窓口やサイトの記事を書いたりしています。サイトの取材やクライアント様との打ち合わせで外出することもありますし、県外のクライアント様との打ち合わせ、WEBマーケティングの勉強のために東京や大阪、福岡などセミナーに出かけることもしばしば。

戦略立てたりと言っても、うちの会社はみんなが主役。企画もみんなで話し合って決めたりすることがほとんど。なので自分だけの仕事というものはありません。画像で困ったときはWEBデザイナーに、広告運用で困ったときは運用担当に相談しながら進めていますので、本当にみんなで協力し合って仕事を進めているといった感じです。

この仕事のやりがいって?

クライアントではなく、パートナー目線で一緒に仕事をしています

うちの会社の仕事は、簡単に言うと「ネットで物(サービス)を売る為に、どうするべきか」を常に考えながら形にしていく仕事。自社のプロジェクトでは、みんなで考えながらつくったサイトから商品が売れると「よっっしゃーー!」ってみんなで喜びます。当然、売れるまではメンバーと話し合いを繰り返し、改善の繰り返し。もちろんメンバー同士で意見が違うこともあるので、そのときは何度もディスカッションして最善策を模索します。でも、だからこそ目標達成したとき、売れたときは皆で喜びを共有できます。

クライアントさんからも「ネットでどう商品を売ったらいい?」と相談を受けます。業種、職種、商品やサービス様々なものがありますが、一番最適な方法を探し、提案。それを形にしてクライアント様にも喜んでもらう。そんな仕事なので「仕事」しながら感謝されることも多いです。頼られるのはやはりとても嬉しいですね。

逆に仕事で大変なこととは?

自社の案件でもパートナー様の案件でも、結果が出るまでは、サイトを修正したり画像を変えたりの試行錯誤の連続です。自分が「コレでいける!売れる!」と思ってたものが売れないときもモチロンあります。そんな時は一生懸命かんがえた結果だからこそ落ち込むんですが、まわりの仲間たちに頼ります。そうすると自分の目線ではない気づきや発見があるので、またチェレンジすることで必ず改善につながっています。

「あぁ、どうしよう。」と思いながら、気持ちの切り替えがうまく出来ないときも人間なので当然あります。そんなときは、会社のメンバーで飲みに出かけて話を聞いてもらったり、おもいっきり遊ぶことで気分をリフレッシュしてまた新しい一歩を踏み出すことができます。

「こんなウジウジしてる場合じゃないな!明日また仕切りなおして頑張ろう!」そう思えるメンバーに支えられています。社員同士はかなり仲の良い会社だと思います。

以前は不動産屋の営業したりしてましたが、こんな経験は出来なかったでした。この会社で、このメンバーで仕事が出来る幸せは日々感じますね。

求人採用のエントリーはこちら

求人にエントリーする
Copyright 2017 ダイアル株式会社(DiAL)